自殺をしないで!

すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。、、、たましいに安らぎが来ます。(聖書 マタイの福音書11章28節、29節)

現代人はとても疲れていると思います。コロナウィルスのこともあり尚更です。また様々な重荷を背負っているのではないでしょうか。過去に犯してしまった罪の罪責に苦しんでいる人、人生の思い煩いに悩んでいる人もいるでしょう。

上記のイエスの言葉には「すべて」と書かれているので、文字通りすべての問題を含めることができます。例えば、病気、経済的困窮、失業、人間関係(学校や職場)のストレス、将来に対する不安、家族のトラブル、失恋、いじめなどです。

そのような悩みを一人で抱えてしまうと、どこにも相談へいかないと、自殺に至ってしまうケースがあります。今、コロナで自殺者が急増しています。

先月(2020年10月)の日本での自殺者数が2153人だと発表されました。とうとう2000人を超えてしまいました。男性は前年同月比で21.3%増えて1302人、女性は前年同月比で82.6%増えて851人に増加しています。女性と働き盛りの20代から50代男性の自殺が急増しているのが特徴と言えます。

令和元年の自殺者数は20,169人で、対前年比671人(約3.2%)減でした。平成22年(2010年)以降、10年連続の減少となり、昭和53年(1978年)から始めた自殺統計で過去最少となったのが昨年のことでした。一時は自殺者が年間3万人以上いましたが、最近は減少傾向にあり、良い方向へ向かっていました。しかし、コロナウィルスで状況が一転して、とても厳しくなっているのが数字に表れてきてしまっています。

2020年の1~6月の自殺者数は昨年とほぼ同じレベルか少なめでしたが、7月以降増えています。6月の自殺者数は1,559名(男1,053/女566)でしたが、7月の自殺者数は1,818名(男1,167/女651)、8月の自殺者数は1,854名(男1,203/女651)、9月の自殺者数は1.805名(男1.166/女639)でした。そして10月(先月)が2000人を越えてしまったのです。

コロナウィルスによって雇用情勢が悪化しているのが大きな理由であると思います。厚生労働省によると、全国の完全失業率は2.2%だった昨年11月以降右肩上がりに上昇し、今年9月の時点で3.0%に上っています。また信用調査会社「帝国データバンク」によると、新型コロナウイルスの影響で倒産した企業は今年2月以降で700社に上っています。

人は誰かに相談したり、誰かに話を聞いてもらうことで、心が軽くなります。しかし、日本は孤立しやすい社会のようです。「社会的に孤立している人の割合がどれくらい高いか?」をOECD加盟国で調査したときのランキングがあります。以下の表になります。

社会的孤立者の割合がOECDの中でトップの日本。「 #つらいが言えない

友人や同僚、地域のコミュニティなどとの交流が「全くない・ほとんどない」と答えた人の割合が、日本は15.3%で20ヶ国中トップでした。 誰かに相談するのが難しい社会と言えるでしょう。ヨーロッパ諸国では教会が大きな役割を果たしています。今後、日本の教会が欧米の教会のようにセイフティーネットとしての役割を果たすことができますようにと願っています。

イエスは疲れている人、苦しんでいる人、悩んでいる人を「わたしのところに来なさい」と招いておられます。イエスのところへ行くならば心に休息が与えられます。魂に安らぎがきます(29節)。自殺をしないで!

スポンサーリンク



投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words.