イエス・キリストとは何者か? クリスマス マタイの福音書 1:18-25(聖書)

先週からアドベント(イエス・キリストの誕生を待ち望む期間)に入っています。ルカの福音書はイエスのお母さんであるマリヤの立場から書かれていますが、マタイの福音書はイエスのお父さんであるヨセフの立場から書かれています。「イエス・キリストとは何者か?」。3つのポイントで書きます。

18 イエス・キリストの誕生は次のようであった。その母マリアはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった。19 夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた。20 彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。21 マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」22 このすべての出来事は、主の預言者を通して言われた事が成就するためであった。23 「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を生む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)24 ヨセフは眠りからさめ、主の使いに命じられたとおりにして、その妻を迎え入れ、25 そして、子どもが生まれるまで彼女を知ることがなく、その子どもの名をイエスとつけた。(マタイの福音書 1:18-25)

1)神の子イエス

イエスの母マリヤは聖霊によって身重になりました(18節)。「処女降誕」と言われます。処女マリヤは、男女の関係ではなく、聖霊によって、神の霊によって、神の超自然的な働きによって、身重になり、妊娠しました。

天使がマリヤに言っています。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。」(ルカの福音書 1:35)

『受胎告知』/ レオナルド・ダ・ヴィンチ (1452年~1519年)

聖霊によって、マリヤの胎内にいのちが与えられました。

当時のユダヤの結婚は、3つの過程(プロセス)をふみました。

①婚約

マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに(18節)と書かれていますが、ここは「マリヤはヨセフと婚約していた」とも訳すことができます。しかし、ユダヤの婚約は法律上では夫婦となることでした。ですからこれを解消するには離婚手続きが必要になったわけです。

②婚約期間は1年間です。二人はそれぞれの家で自分たちの両親と暮らしました。ヨセフとマリヤのこの時の状況は、この婚約している1年間の時に起こった出来事だったと思われます。

③この1年間の婚約期間が終わってから、結婚式を挙げ、一緒に暮らし、実際の夫婦生活に入ることができました。

しかし、その夫婦生活に入る前に、驚くべきことが起こりました。マリヤは、、、聖霊によって身重になったことがわかった(18節)のです。この記述はヨセフの側から見ていますね。

マリヤは天使が自分に現れたこと、自分が妊娠していることをヨセフに告げていなかったのでしょう。並行記事のルカの福音書1:31を見ると、御使いの言葉(あなたはみごもって、男の子を生みます。名をイエスとつけなさい)を聞いた後、マリヤは親戚のエリサベツの所に行って、そこに三か月間滞在しています。その後、故郷に帰って来た時に、ヨセフはマリヤの妊娠のことを知ったのではないかと思います。

ヨセフがものすごく葛藤したことは間違いありません。自分には全く身に覚えがないのに、マリヤが妊娠している。何があったのか。他の男と不倫関係に陥ってしまったのか。だから3ヶ月も会うことができなかったのか。といろいろ思い巡らしたことでしょう。

ヨセフには2つの選択肢がありました。

①旧約の律法に従った処置を取ること。婚約期間中に妊娠した場合、当時石打ちによって死刑になりました。夫のある女と寝ている男が見つかった場合は、その女と寝ていた男もその女も、ふたりとも死ななければならない。あなたはイスラエルのうちから悪を除き去りなさい。ある人と婚約中の処女の女がおり、他の男が町で彼女を見かけて、これといっしょに寝た場合は、あなたがたは、そのふたりをその町の門のところに連れ出し、石で彼らを打たなければならない。彼らは死ななければならない。これはその女が町の中におりながら叫ばなかったからであり、その男は隣人の妻をはずかしめたからである。あなたがたのうちから悪を除き去りなさい。(申命記22:22-24)。これはマリヤをさらし者にすることになります。

②当時の離婚法によって、公にしないで内密に離婚状を書いて去らせる、離婚すること。

ヨセフは後者を選ぶことを決めました。夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた(19節)。

葛藤の中で私たちは神に出会うことができます。いや、そこでしか神に出会うことはできないと言えるかもしれません。多くの場合、私たちは順調な時は神を求めることをしないからです。ヨセフとマリヤは二人ともどんなに葛藤し、苦しんだことでしょうか。でもそのような中で、御使いが現れ、彼らは神と出会うことができました。新しい人生が開かれていったのです。葛藤はもちろん苦しいです。でもそれは神を求めるチャンスになります。真剣に神と向き合う時、私たちは新しいレベルでイエス・キリストに出会うことができます。そして信仰のリバイバルが与えられます。その神との出会いが人生を決定的に変えていきます。それは希望の人生となります。

イエスは、処女マリヤの胎内に、聖霊によってみごもり、誕生しました。ですから、罪の血が全く流れていない、罪のない誕生をされたのです。もしイエスがヨセフとマリヤから生まれていれば、私たちと同じように、生まれながらにアダムの子孫として、原罪があり、罪の性質を受け継いでしまっていました。罪があれば、救い主になることはできません。

イエスの誕生には、人間の父親が存在しません。父なる神がイエスの父親です。神の子イエス。現代人にとって、処女降誕はつまずきとなるでしょう。処女降誕はキリスト教会の大切な教理の一つです。使徒信条に記されています。「主は聖霊によりてやどり、おとめマリヤより生まれ」と。

人類史上、男女関係を経ずして生まれた者は何人いるでしょうか? 

3人です。アダムとエバ、そしてイエス・キリストです。神は土地のちりでアダムを造り、その鼻にいのちの息を吹き込み、いのちある者としました。そしてエバは、アダムのあばら骨を取って造られました。それと同じように、イエスはマリヤの卵子を取って造られ、聖霊によってみごもったのです。

私たちは処女降誕を信じることができます。なぜなら、私たちが信じる神は偉大な神で、超自然の神で、神に不可能なことはないと信じているからです。神はこの天地万物を造られました。無から有を生み出され、人を創造されました。であるなら、マリヤの胎内にいのちを生み出すことも可能です。

イエス・キリストは神の子です。

2)人の子イエス

御使いは夢に現れ、ヨセフに言いました。「ダビデの子ヨセフ」(20節)と。

人を救う救い主は人の子孫、それもダビデの子孫でなければなりませんでした。それが旧約聖書の預言だったのです。あなたの日数が満ち、あなたがあなたの先祖たちとともに眠るとき、わたしは、あなたの身から出る世継ぎの子を、あなたのあとに起こし、彼の王国を確立させる。彼はわたしの名のために一つの家を建て、わたしはその王国の王座をとこしえまでも堅く立てる。(Ⅱサムエル記7:12,13)

イエスは聖霊によって誕生したので、ヨセフはイエスの誕生には関与しませんでした。ヨセフとイエスには血縁関係はありませんでしたが、ダビデの子孫であるヨセフがイエスを法的に認知することによって、ヨセフはイエスの父親となったのです。

マリヤも葛藤しましたが、ヨセフも葛藤を覚えたのは間違いありません。でも神を信じているヨセフに、神ははっきりと語りかけ、行くべき道を示してくださいました。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。」(20節)。ヨセフはマリヤについていろいろな噂話を聞いたことでしょう。でもヨセフは人の言葉ではなく、神の言葉に従いました。ヨセフは眠りからさめ、主の使いに命じられたとおりにして、その妻を迎え入れ、25 そして、子どもが生まれるまで彼女を知ることがなく、その子どもの名をイエスとつけた(24,25節)。ここに新しいヨセフの姿を見ることができます。

私たちも人生において様々な葛藤を覚えると思いますが、神は私たちにも語ってくださり、「これが道だ。これに歩め」(イザヤ書 30:21)と進むべき道を示してくださいます。問題に介入し、脱出の道を備え、解決を与えてくださいます。

ヨセフは神のお言葉に従いました。イエスと名前をつけることによって、ヨセフは生まれた子ども(イエス)を公的にも法的にも、自分の家族の一員として認め、受け入れたのです。

ヨセフはこの信仰と従順の行為によって、聖書の歴史の担い手とされました。私たちも、神の約束に従う時に、その信仰と従順の行動を通して、神の歴史に参加することができます。何と素晴らしいことではないでしょうか。

イエスは神の子、100%神であり、人の子、100%人間です。これは人間の頭、理性では理解することができません。しかし、私たちは神の恵みによって、また信仰によって、この奥義を信じることができます。

頭で理解できないと、理解しやすくするために、この三位一体の真理をゆがめようとする異端が出てきます。異端の特徴は、三位一体とイエスの神性を否定することにあります。今は惑わしの時代です。ますます惑わしが強くなってくるでしょう。私たちはしっかりと目を覚ましていなければなりません。

3)救い主イエス

イエスは救い主です。何からの救いでしょうか。罪からの救いです。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です(21節)

罪の語源は、的外れ(原語では「ハマルティア」)です。神に創造されたのに、神を無視し、神に背き、自分勝手に生きる的外れの人生を歩むことです。イエスは罪からの救い主です。罪を知らなければ、福音の素晴らしさが分かりません。罪を知らなければ、自分の置かれている立場が分かりません。

聖書は言います。罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです(ローマ人への手紙 6:23)。永遠の滅び(地獄)から天国へ、悪魔の支配から神の支配へ、死からいのちへ、闇から光へ移されること、これが福音です。

私たちは神に背き、自分たちの罪のゆえに滅びへと向かっていました。私たちは自分たちの力で自分たちを救うことができません。なぜなら、人類には罪があり、私たちは不完全だからです。しかし、良き知らせがあります。「救い主がお生まれになりました。救い主が来られました。神であるお方が神の姿を捨てて、人を救うために人間として誕生された。」これがクリスマスのメッセージです。

イエス・キリストは何者(誰)でしょうか? イエス・キリストは、1)神の子、2)人の子、3)救い主です。

スポンサーリンク


投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words. 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA