赦しの力

『目には目で、歯には歯で』と言われたのを、あなたがたは聞いています。しかし、わたしはあなたがたに言います。悪い者に手向かってはいけません。あなたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。(新改訳聖書 マタイの福音書5章38、39節)

上記はイエスが山上の説教で語った言葉です。イエスが語った説教の中で最も有名なものと言えます。ここにキリスト教の倫理観があらわれています。

「目には目で、歯には歯で」というのは、旧約聖書からの引用です。このように書かれています。目には目。歯には歯。手には手。足には足。やけどにはやけど。傷には傷。打ち傷には打ち傷(出エジプト記21章24、25節)。これは一見、感情に任せた復讐に見えますし、野蛮なことに思えるかもしれません。しかし、実はこれは理性を働かせることを勧め、復讐心をエスカレートさせないで制御するためのものなのです(これはイスラエルの律法で「同害報復法」と言います)。なぜなら、人は片目をつぶされたら、相手の片目だけでなく両目をつぶしたくなるものだからです。また一本の歯を折られたら全部の歯を折ってやりたいと思うのが常でしょう。場合によっては殺してやりたいとさえ思うのではないでしょうか。これが人間の本性です。つまり生まれつきの性質です。ですから、これは被害者が加害者に対して、憎しみのあまり過剰な報復に走らないようにするための法律なのです。このような「同害報復法」はハンムラビ法典にも見られるもので、古代中東では珍しいものではなかったようです。しかし、旧約聖書以外では加害者の社会的階級によって刑罰が異なりましたが、旧約聖書では加害者が異邦人でも公平な裁判がなされていたのです。これは特筆すべきことです。

今NHKで放送中の「タリオ 復讐代行の2人」を見ていますが、人には復讐心があるのが伝わってきます。大ヒットドラマ「半沢直樹」(池井戸潤原作)でも「やられたらやり返す」「倍返し」という言葉を主人公が発し、多くの人々が共感したと思います。私も共感した一人です。それが高視聴率にあらわれていました。しかし、イエスは違う倫理観を持つことを私たちに勧めています。実行するのは非常に難しいのですが、、、

段階的に考えるなら、目には目をという律法の次の段階は、例えば両目をつぶされても片目をつぶすにとどめるということになるでしょう。これはやられたら少しだけやりかえす、2倍返しではなく1/2返しです。これができるようになったら、次は全く仕返しをしない段階です。すなわち、悪い者に手向かわないということです。そして最後が右の頬を打たれたら、左の頬をも向けるというイエスが教えてくださった高い倫理です。これは語ることは簡単ですが、実行するのは非常に難しく、不可能に思えます。しかし、これを誰よりも実行して模範を見せてくださったのが、イエス・キリストです。イエスには全く罪がないにも関わらず、罪人である私たち人類の身代わりに十字架に架かってくださいました。

その模範に倣ってきたのがキリスト教会です。教会は歴史的に様々な間違いを犯してきたのも事実ですが、全般的に言えば、昔から今に至るまで世界に多大な祝福を流してきました。奴隷制の撤廃、貧しい人々への援助、学校教育、病院の設立など本当にたくさんのことを率先してより良い世界を作り出してきたのです。これは確かです。マザー・テレサもそのうちの一人です。彼女が模範にしたのは、誰よりもイエスでした。

聖書のローマ人への手紙12章21節(パウロの言葉)にはこのように書かれています。悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。ルカの福音書にもイエスが教えた山上の説教が記録されています。マタイの福音書5章38、39節の並行箇所にはこのように書かれています。あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者に善を行いなさい。あなたをのろう者を祝福しなさい。あなたを侮辱する者のために祈りなさい。(ルカの福音書6章27、28節)

イエスの教えには私たち人間に幸せになって欲しいという願いが込められていると思います。なぜなら、憎しみは何よりも自分自身を苦しめるものになるからです。憎しみに縛られてしまうなら、人生を前に進ませることはできなくなってしまうでしょう。もちろん罪を犯した者に対しては、それ相当の裁きが必要であることは間違いありません。悪に手向かうなということで、警察や裁判、法律はいらないということにはなりませんし、また自分と家族を悪人から守ることを禁じているわけでもありません。極端に解釈すると問題が起こります。

なぜなら、聖書は文脈で読むべきで、本来一節を取り出してそれだけで解釈してはいけないからです。これは心の問題です。あくまで自分自身に向けてだけ適用するべきものです。他の人に適用しようとしてはいけません。イエスは本当の勝利は善をもって悪に打ち勝つことを私たちに教えてくれています。これは赦しの力です。この意志を持って実行する赦しが私たちに自由と解放を与えてくれます。そして人生において前に進むことができるようになるのです。

スポンサーリンク



投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words.