癒し主イエス・キリスト ヨハネの福音書5:1-18(聖書) 

1 その後、ユダヤ人の祭りがあって、イエスはエルサレムに上られた。2 さて、エルサレムには、羊の門の近くに、ヘブル語でベテスダと呼ばれる池があって、五つの回廊がついていた。3 その中に大ぜいの病人、盲人、足のなえた者、やせ衰えた者たちが伏せっていた。(異本)彼らは水の動くのを待っていた。4 (異本)主の使いが時々この池に降りて来て、水を動かすのであるが、水が動かされたあとで最初に入った者は、どのような病気にかかっている者でもいやされたからである。5 そこに、三十八年もの間、病気にかかっている人がいた。6 イエスは彼が伏せっているのを見、それがもう長い間のことなのを知って、彼に言われた。「よくなりたいか。」7 病人は答えた。「主よ。私には、水がかき回されたとき、池の中に私を入れてくれる人がいません。行きかけると、もうほかの人が先に降りて行くのです。」8 イエスは彼に言われた。「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」9 すると、その人はすぐに直って、床を取り上げて歩き出した。ところが、その日は安息日であった。10 そこでユダヤ人たちは、そのいやされた人に言った。「きょうは安息日だ。床を取り上げてはいけない。」11 しかし、その人は彼らに答えた。「私を直してくださった方が、『床を取り上げて歩け』と言われたのです。」12 彼らは尋ねた。「『取り上げて歩け』と言った人はだれだ。」13 しかし、いやされた人は、それがだれであるか知らなかった。人が大ぜいそこにいる間に、イエスは立ち去られたからである。14 その後、イエスは宮の中で彼を見つけて言われた。「見なさい。あなたはよくなった。もう罪を犯してはなりません。そうでないもっと悪い事があなたの身に起こるから。」15 その人は行って、ユダヤ人たちに、自分を直してくれた方はイエスだと告げた。16 このためユダヤ人たちは、イエスを迫害した。イエスが安息日にこのようなkとをしておられたからである。17 イエスは彼らに答えられた。「わたしの父は今に至るまで働いておられます。ですからわたしも働いているのです。」18 このためユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとするようになった。イエスが安息日を破っておられただけでなく、ご自身を神と等しくして、神を自分の父と呼んでおられたからである。(ヨハネの福音書 5:1-18)

①あなたはよくなりたいか?

38年間という長い間、病気にかかっている人がいました(5節)。イエスは彼に言われました。「よくなりたいか」(6節)この人がよくなりたいのは当然ではないかと私たちは思います。なぜわざわざ聞く必要があるのか。しかし、イエスは彼に「よくなりたいか」と言われたのです。

彼の答えは何だったでしょうか。言い訳や責任転嫁でした(7節)。彼は本当に癒されたかったのでしょうか。もちろんそうだったと思います。しかし、考えてみれば、癒されたらその後、彼は全て自分の責任で生きる必要があります。ここ(ベテスダ)にいれば、おそらく人々が食べ物をくれたと思います。施しを受けることができたでしょう。だからこそ彼はここで38年間も生きてこられたのです。ここにこの状態でいれば、少なくともこれからも生きることには困らなかったと思います。

これは私たちにも言えることだと思います。私たちは本当によくなりたいのでしょうか。実は今の状態に潜在的には満足しているということがあり得るのではないでしょうか。私たちは本当にリバイバルを求めているのでしょうか。リバイバルが起きたら、とても忙しくなるでしょう。教会で自分の席がなくなるかもしれません。他の人のお世話をしなければならないでしょう。多くのクリスチャンはそのようなことを実は潜在的には望んでいない可能性があると思います。今の生活を違うものにすることに抵抗があるので、本当は変わりたくないのです。

このような話を聞いたことがあります。アメリカのある教会でリバイバルが起こりました。聖霊が訪れました。それは祈りの結果でした。しかし、実際にリバイバルが起こると、何が起こったでしょうか。礼拝の時間に教会へ行くと、いつも自分が座っていた席に何と他の人が座っているではありませんか!そして、そればかりではなく、次第に教会の礼拝にあまりにも多くの人が来るようになったので、会堂に入るのに並ばなくてはなりませんでした。リバイバルが起こるように祈っていましたが、実際にリバイバルが起こると、教会員は不平不満で一杯になったそうです。教会堂に入るのに並ぶのは大変だし、自分が座る席が毎週変わるのも大変だし、新しく来た人たちへの対応も大変でした。大方の教会員はもうリバイバルはいいかなと感じたようです。そうすると、彼らの願い通り、リバイバルは終わり、人々は教会を去り、彼らは以前通り、礼拝前ギリギリに来れば会堂に入れるし、自分が座りたい席を確保することもできました。皆はそのことに満足したという話です。これは日本でも十分にあり得ることだと思います。

実は心の奥底では今の状態に満足してしまっている。よくなりたい気持ちはあるけれど、実はそれほどでもない。そのような彼の心を見抜いて主は彼に「よくなりたいか」と言われたのではないでしょうか。私たちの心をも見抜いて、主は言われると思います。「あなたはよくなりたいか」「あなたは本当によくなりたいのか」「あなたは本当に今の状態から変わりたいのか」

イエスは彼に宣言します。「起きて、床を取り上げて歩きなさい」(8節)まさにそれができないからここにいるのだと彼は思ったことでしょう。もしかしたら、心の中で憤慨したかもしれません。しかし、彼はすぐに直って、床を取り上げて歩いたのです(9節)!癒しのみわざが起こりました。

イエスが彼を癒されたのです。イエス・キリストは癒し主です。今でもそれは変わりません。なぜなら、イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも、同じです(へブル人への手紙13:8)と書かれてあるからです。

彼はイエスの言葉を聞いて、信仰を働かせ、応答しました。まず起きました。立ち上がりました。冬になると朝、布団から出るのはつらいですが、私たちは意志を働かせて起き上がります。彼はもう寝ているのはやめて起きようと決心して起き上がりました。次に床を取り上げました。もう病人が寝るための床は必要ないという強い気持ちがなければこのことはできませんでした。そして最後にイエスが言われたように、足を一歩前に出して歩き出したのです。

こんな素晴らしいことが起こったのに、ユダヤ人たちは反対しました。いつの時代にも神の働き、聖霊の働き、癒しの働きをいろいろな理由をつけて嫌がる人たちがいます。現代もそうです。そのような人たちは、人の癒しや回復よりも伝統や規則、自分の神学を重んじるわけです。ユダヤ人たちもイエスの働きを非難しましたが、その理由は、「きょうは安息日だ」というものでした(10節)。

②あなたはよくなった!

その後、イエスは彼を宮で見つけて言われました。「見なさい。あなたはよくなった」(14節)

これが私たちの姿でもあります。私たちは神の恵みによってよくなったのです。しかし、二つの人格(古い自分と新しい自分)がぶつかっているのを発見することがあります。私たちはキリストにある自分という真の自己を確立しなければなりません。それはよくなった自分、よくなっている自分です。みことばは宣言します。「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」(Ⅱコリント5:17)

私たちは自分がキリストにあってどのような者であるかを告白することが大切です。「私はアダムに属する者ではなく、キリストに属する者である。私は悪魔の支配下にあるのではなく、神の支配下にある。私は闇の中を歩む者ではなく、光の中を歩む者である」 

キリストにあってよくなった自分というものをしっかりと持っていないと、私たちは日々、感情によって左右されてしまい、不安定な生活を送ることになってしまうでしょう。イエスは彼に言われました。「もう罪を犯してはなりません。そうでないともっと悪い事があなたの身に起こるから」(14節)

もしかすると彼の病は罪の結果であったのかもしれません。もちろん病がすべて罪からくると言っているわけではありませんが、罪の結果からくる病もあるのでしょう。聖書(ルカの福音書11章)に7つの悪霊の話もあります。ある人から悪霊が一度出て行ったのですが、7つの悪霊が入ってきて、もっとひどい状態になってしまうという話をイエスがされています。イエスは私たちにも言われます。「よくなったのなら、救われたのなら、癒されたのなら、解放されたのなら、もうできるだけ罪を犯してはなりません。そうでないともっと悪い事が起こる危険性があります。」

イエス・キリストは癒し主です。残念ながら、全ての人が喜ぶとは限りません。ユダヤ人たちは一緒に喜ばず、イエスを迫害しました(16節)。なぜなら、自分たちが大事にしている伝統をイエスが破ったからです。これは今でも同じです。教会が素晴らしい教えを語っているだけなら良しとしますが、イエス・キリストのお名前を通して癒しの働きをすると拒否反応を示す宗教家、クリスチャンたちがいます。その理由は、自分たちの今までの伝統と違うからです。

父なる神は昔も働かれましたが、今も働かれています(17節)。神は休んでおられません。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもないと詩篇121:4に書かれています。父が働くから私も働くとイエスは言われました。イエスも父なる神と同様に忙しく今でも働いておられます。天でとりなしの祈りをしておられます。もちろん聖霊も働いています(17節)。三位一体の神が働いておられるので、私たちクリスチャン、教会も働きます。

イエスはご自身を父なる神と等しくしました(18節)。これがユダヤ人たちには絶対に受け入れられないものでした。それは今でもそうです。多くのユダヤ人たちはそれを受け入れることができません。しかし、イエスを信じるユダヤ人たちが出てきています。キリスト教の異端があります。その最大の特徴は、イエスを神の位置から引きずり降ろし、神よりも下の存在、神による被造物に落とします。

しかし、聖書ははっきりと「イエスは神ご自身である」と言います。そしてイエスは癒し主です。それは昔も今も変わりません。そのイエスが私たちに「あなたはよくなりたいか」と聞かれます。そしてまた「あなたはよくなった」と宣言しておられます。両方を受け取りましょう。

スポンサーリンク


投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words. 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA