人生のターニングポイント マザー・テレサ

「貧困をつくるのは神ではなく、私たち人間です。なぜなら私たちが分かち合わないからです」(マザー・テレサ)

マザー・テレサ(本名アグネス)は、1910年8月26日、ユーゴスラビアで生まれました。12歳の頃、彼女は自分がすでに修道女になる気がしていました。母親も熱心なカトリック信者でしたが、アグネスが修道女になるのには反対でした。アグネスは書いています。「両親は私たちが神を愛するように育ててくれ、祈りを教え、隣人を愛するように教えてくれました。それは幸せなカトリックの家庭でした」。

アグネスは18歳の時に、家族のもとを去って修道女になることを決意しました。自分のやるべきことは貧しい人々のために働くことだと強く感じたからです。母親に自分の決意を伝えると、カトリック信者であった母親は永遠の別れを予感して葛藤しながら長時間部屋で祈り続け、最終的には受け入れました。

1928年9月26日、アグネスは家族と別れましたが、その後生涯母親と姉(父親はこの時点ですでに死別していました)とは会うことはありませんでした。兄とだけは彼女がノーベル平和賞を受賞した1979年12月に、ノルウェーオスロの授賞式会場で会っています。

アグネスはアイルランドの修道院を経て、1928年11月には船でインドに着き、その後ダージリンのロレット修道院に向かいました。彼女は言っています。「私は宣教師になりたかった。出かけて行って、キリストの命を、人々に伝えたかったのです」。1931年、修道名がテレサとなりました。修練期間が終わると。カルカッタ郊外のセント・メリー校に派遣され、地理や歴史などを教え、1937年からは校長としておだやかな日々を過ごしました。 

そのようなテレサに大きな転機が訪れました。人間にはターニングポイント(分岐点)というものがあると思いますが、彼女の人生には大きな転機が2回ありました。1回目は修道女になると決めた時、2回目は神の声を聞いた時です。

 マザーテレサ(1910年8月26日 – 1997年9月5日)

1946年9月10日、テレサが36歳の時、カルカッタからダージリンに向かう列車の中で、はっきりと神様からの呼びかけを聞きました。その後、ダージリンで黙想を行う間も声は頭に響いていたといいます。神は彼女に「すべてを捨てて修道院を去るように、貧しい人たちの中でも最も貧しい人たちに奉仕するように」と命じていました。

彼女はその神からの呼びかけに従い、ロレットの修道院を離れ、自分に与えられた仕事をやり始めたのです! なぜなら、神から与えられた自分の使命だと確信したからです。これが2回目の「召命(Calling)」でした。マザー・テレサは、「一度目の犠牲は、母との別れ。二度目の犠牲は、ロレット修道院を去ることでした」と言っています。

この後、彼女は看護や医薬品の扱い方などを学んでから、スラムでの活動をカルカッタで始めたのです。路上で倒れて死を迎える人を連れてきて、十分な世話をして、死を迎えてもらう奉仕です。多くの人々がここで看取られました。1950年(40歳の時)自分の教え子たちがボランティアに集まり、テレサは修道会「神の愛の宣教者会」を創設しました。この頃から「マザー・テレサ」と呼ばれるようになりました。

マザー・テレサは言っています。「まず何よりもいらない人たちではないと感じ取ってもらいたいのです。この人たちを大事に思っている、この人たちにいて欲しがっている人がいるのだと知ってもらいたいのです。少なくともまだ生きていなければならない数時間のあいだに、人間からも神からも大事に思われているのだということを知ってもらいたい。この人たちも神の子たちであって、忘れられてはいない、大事に思って、世話をしてくれる人がまだいて、仕えたいと自分たちを捧げる若い人たちのいることを知ってもらいたいのです。

イエスはこのように言われました。「あなたたちは、私が飢えていた時に食べさせ、渇いているときに飲ませ、旅人であったときに宿を貸し、裸だった時に服をくれ、病気だった時に見舞い、牢にいたときに訪れてくれた」。義人たちが「自分たちはいつそんなことをしたでしょうか?」というと、王は答えます。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらの私の兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです」。(マタイの福音書25章40節)

貧しい人たち、虐げられている人たち、抑圧されている人たちのうちにイエス・キリストを見るということは、キリスト教の大切な教えの一つです。最も貧しい人々をキリストご自身の姿として助けていくということです。

イエスは私たちの元に飢えた人の姿、裸の姿、淋しい人の姿、路上の物乞いの姿でおいでになることがあります。マザー・テレサが生涯献身的に働き続けることができたのは、そのような「最も小さい者たち」が彼女にとっては、イエス・キリストそのものであったからでしょう。それが彼女の奉仕の動機でした。 

マザー・テレサは1997年9月5日、87歳で亡くなりました。徹底して神と人に仕えた人生でした。人生に訪れた2つのターニングポイント(分岐点)で神と神の言葉に従ったことが、決定的に大事なことでした。

スポンサーリンク




投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words.