宗教改革記念日

我、ここに立つ!」 (マルチン・ルター)

昨日はマルチン・ルターの宗教改革記念日でした。ルターがその当時堕落していたカトリック教会に対してプロテスト(抵抗・反抗)したのです。それがプロテスタント教会の始まりです。今から約500年前の1517年10月31日にドイツのヴィッテンベルクの城教会の扉に「95か条の提題」を貼り付け、口火を切りました。

その当時のカトリック教会は絶大の権力を持っていたので、抵抗するには物凄い勇気がいることでした。しかし、ルターは贖宥状(免罪符)を発行し、罪の赦しをお金で贖う(買う)ことができるとしていたカトリック教会に対し、罪の赦しは聖書に記されている通り、イエス・キリストを信じる「信仰のみ」によると断固して抵抗したのです。

その時に語ったのが、「我、ここに立つ」という言葉です。彼は一人でもこの聖書の言葉に立つ、信仰に立つ、と宣言したのです。何と強い決意でしょう。私はプロテスタント教会の牧師ですから、ルターに多くを負っています。特に彼の信念の強さには敬意を表します。

スポンサーリンク



投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words.