力あるみことば 

悪魔は目に見えませんが実在します。悪魔は私たちの人生を破壊しようとしています。イエスはみことばをもって悪魔に勝利されましたが、私たちもイエスのように悪魔に勝利することができます。勝利の秘訣はみことばにあります。みことばには力があるからです。

1 さて、聖霊に満ちたイエスは、ヨルダンから帰られた。そして御霊に導かれて荒野におり、2 四十日間、悪魔の試みに会われた。その間何も食べず、その時が終わると、空腹を覚えられた。3 そこで、悪魔はイエスに言った。「あなたが神の子なら、この石に、パンになれと言いつけなさい。」4 イエスは答えられた。「『人はパンだけで生きるのではない』と書いてある。」5 また、悪魔はイエスを連れて行き、またたくまに世界の国々を全部見せて、6 こう言った。「この、国々のいっさいの権力と栄光とをあなたに差し上げましょう。それは私に任されているので、私がこれと思う人に差し上げるのです。7 ですから、もしあなたが私を拝むなら、すべてをあなたのものとしましょう。」8 イエスは答えて言われた。「『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えなさい』と書いてある。」9 また、悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、神殿の頂に立たせて、こう言った。「あなたが神の子なら、ここから飛び降りなさい。10 『神は、御使いたちに命じてあなたを守らせる』とも、11 『あなたの足が石に打ち当たることのないように、彼らの手で、あなたをささえさせる』とも書いてあるからです。」12 するとイエスは答えて言われた。「『あなたの神である主を試みてはならない』と言われている。」13 誘惑の手を尽くしたあとで、悪魔はしばらくの間イエスから離れた。14 イエスは御霊の力を帯びてガリラヤに帰られた。すると、その評判が回り一帯に、くまなく広がった。15 イエスは、彼らの会堂で教え、みなの人にあがめられた。(ルカの福音書 4:1-15)

海外ドラマ版の『THE BIBLE』より

ここに悪魔による三つの試みが出てきます。すべて主イエスを十字架抜きの救い主にしようとする試みでした。これはずっと続き、十字架に架かった後でさえも試みに会ったのです。

39 道を行く人々は、頭を振りながらイエスをののしって、40 言った。「神殿を打ちこわして三日で建てる人よ。もし、神の子なら、自分を救ってみろ。十字架から降りて来い。」41 同じように、祭司長たちも律法学者、長老たちといっしょになって、イエスをあざけって言った。42 「彼は他人を救ったが、自分は救えない。イスラエルの王だ。今、十字架から降りてもらおうか。そうしたら、われわれは信じるから。43 彼は神により頼んでいる。もし神のお気に入りなら、いま救っていただくがいい。『わたしは神の子だ』と言っているのだから。(マタイの福音書 27:39-43)

父なる神にどこまでも信頼し続けるかをテストするもの、これがイエスのお受けになった試みの本質と言えるでしょう。イエスは自分の思いや力ではなく、神の御心に目を留め、みことばを用いて勝利していきました。私たちの模範です。

悪魔による試みを見ていきます。

1)「あなたが神の子なら、この石に、パンになれと言いつけなさい」(3節)

イエスはこの奇跡をすることができる力を持っていました。もしできないならば、これは誘惑にはなりません。悪魔はイエスがこの奇跡ができることを知っていたのです。それで十字架抜きの救い主にしようと試みてきたわけです。「あなたは神の子です。あなたは40日も断食してお腹が空いているでしょう。ここに転がっている石をパンにすれば、あなたは自分の空腹を満たすことができます。何よりも石をパンに変えれば貧しい人々を助けることができ、その奇跡を通して多くの人が喜びます。そして人々はあなたを救い主としてあがめるでしょう。さあ、この石をパンにしなさい。」

これは、神が必要なものを満たしてくださることに信頼する、というテストだったのです。イスラエルの民は、荒野で40年間食べ物がない生活を強いられました。そのような民に神は、天からのマナを与えると約束され、実際神はその約束を果たされました。神はイスラエルの民に、神の約束に信頼して歩むことを求められたのです。

「キリストの誘惑」/フアン・デ・フランデス作/1500年頃
左上には山上のイエス(3つめの誘惑)、右奥には神殿上のイエス(2つめの誘惑)。

2)「この、国々のいっさいの権力と栄光とをあなたに差し上げましょう。それは私に任されているので、私がこれと思う人に差し上げるのです。 ですから、もしあなたが私を拝むなら、すべてをあなたのものとしましょう。」(6,7節)

ここでも十字架を経ずして救い主になる道、世界の支配者になる道が悪魔によって提供されました。悪魔の誘惑の本質は、神が与えようとしているものを、神のご計画とは違ったルートで獲得させようとすることにあります。「あなたが世界の王になれば、世界があなたに従います。私を拝むだけでそれが手に入るんですよ。そうすれば支配者として簡単に世界を動かせるでしょう。」

この世の栄光は一時的です。しかし、神がくださる栄光は永遠のものです。私たちは見えるもの、過ぎ去っていくもの、変わっていくものではなく、見えないもの、変わらないものに目を留めて歩んでいきましょう。「人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら何の得がありましょう。」(マタイの福音書 16:26)

「キリストの試練」/サンドロ・ボッティチェリ作/1480年から1482年/ヴァティカン システィーナ礼拝堂に所蔵
中央上には神殿上にいるイエスと悪魔。左上奥には石を持った悪魔。右奥には山上で退けられる悪魔。

3)「あなたが神の子なら、ここから飛び降りなさい。『神は、御使いたちに命じてあなたを守らせる』とも、『あなたの足が石に打ち当たることのないように、彼らの手で、あなたをささえさせる』とも書いてあるからです。」(9-11節)

悪魔も聖書を引用しています。聖書から削除したり聖書に付け足したりして、自分の都合に合わせて文章を変えたり、自分勝手に解釈してはいけません。聖書は全体の文脈から読み取る必要があります。そうでないと悪魔に欺かれてしまいます。

悪魔はまたもイエスを誘惑します。「神殿から飛び降りれば、皆がびっくりし、あなたはヒーローになれるでしょう。今は礼拝の時間ですから、たくさんの人々が集まっていますよ。多くの人々に注目され、皆があなたを救い主と認めるでしょう。」

悪魔はこっちの方がもっと魅力的だよというふうに私たちをも誘惑してきます。エバの失敗は、悪魔と議論を始めたことでした。悪魔は嘘つきです。悪魔は「この実を食べたら、あなたは神のようになれる」と言いました。エバに神の愛を疑わせようとしたのです。現代も同じです。悪魔は嘘をつき、神の愛を疑わせようと働いています。私たちはエバのように悪魔と議論をしてはいけません。議論をしたら負けてしまうでしょう。

イエスは悪魔による三度の試みに対して、三度とも旧約聖書の申命記のみことばを引用しています。イエスは悪魔と議論をしませんでした。イエスは悪魔の試みに対して、蓄えていたみことばを用いて悪魔を撃退したのです。イエスは勝利者です。私たちも勝利者になることができます。どのようにしてでしょうか。それは聖書の言葉を蓄えること。そして「聖書にはこのように書いている」と言って、聖書の言葉を宣言し、悪魔に立ち向かうことを通してです。神の言葉である聖書のみことばには力があります。

スポンサーリンク


投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words. 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA