使命に生きる   

15 彼らが食事を済ませたとき、イエスはシモン・ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。」ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの小羊を飼いなさい。」16 イエスは再び彼に言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの羊を牧しなさい。」17 イエスは三度ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」ペテロは、イエスが三度「あなたはわたしを愛しますか」と言われたので、心を痛めてイエスに言った。「主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。あなたは、私があなたを愛することを知っておいでになります。」イエスは彼に言われた。「わたしの羊を飼いなさい。18 まことに、まことに、あなたに告げます。あんたは若かった時には、自分で帯を締めて、自分の歩きたい所を歩きました。しかし年をとると、あなたは自分の手を伸ばし、ほかの人があなたに帯をさせて、あなたの行きたくない所に連れて行きます。」19 これは、ペテロがどのような死に方をして、神の栄光を現すかを示して、言われたことであった。こうお話になってから、ペテロに言われた。「わたしに従いなさい。」20 ペテロは振り向いて、イエスが愛された弟子があとについて来るのを見た。この弟子はあの晩餐のとき、イエスの右側にいて、「主よ。あなたを裏切る者はだれですか」と言った者である。21 ペテロは彼を見て、イエスに言った。「主よ。この人はどうですか。」22 イエスはペテロに言われた。「わたしの来るまで彼が生きながらえるのをわたしが望むとしても、それがあなたに何のかかわりがありますか。あなたは、わたしに従いなさい。」 (ヨハネの福音書 21:15-22)

ペテロは十字架の場面で三度イエスを「知らない」と言ってしまいましたが、ここでイエスから三度「あなたは私を愛しますか」と問われることを通して、彼の心の傷が癒され、回復していきます。三回肯定的な答えをすることによって、三回イエスを知らないと言ってしまった否定的な記憶を消し去らせようとしたのでしょう。イエスはここでペテロの罪を赦し、もう一度主の弟子として立ち上がらせています。ペテロは恐れてイエスを見捨ててしまいましたが、イエスはペテロを見捨てることはありませんでした。イエスは私たちを見捨てることはありません。

十字架に架かったイエス・キリスト

イエスはペテロに聞きます。「あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか」(15節)以前のペテロならきっと自信を持って「私はこの人たち以上にあなたを愛します」と答えたことでしょう。イエスが十字架に架かる前にペテロは言いました。「たとえ彼らが全員つまずいても、私はつまづきません。私だけは大丈夫です」 でも失敗してしました。ところが、ここではペテロは他の人と比較しないで、「わたしはあなたを愛しています」と自分のことだけを答えています。他の人と比べなかったのは、ペテロの心が砕かれていたからだと思います。神は砕かれた心を喜ばれます。ダビデ王は姦淫の罪を犯して失敗した後、このように歌いました。「神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたはそれをさげすまれません。」(詩篇 51:17)

「あなたは、私を愛しますか。あなたは他の誰よりも私(イエス)を愛しますか」このイエスの質問は私たち一人ひとりにも問われています。

ペテロに対する愛の確認が終わると、イエスはペテロに「牧会命令、羊(人々)を養う命令」を出します。主に奉仕する動機は、イエスを愛することでなければなりません。誰かに認められるためであったり、自分が称賛されるためであってはいけません。イエスを愛することによって、私たちは神から新しい課題が与えられ、使命の遂行に向かって押し出されていきます。ペテロの場合は、群れを牧することでした。主イエスを愛する一人ひとりには、この地上でなすべき神の働きが与えられています。

イエスは、ペテロが福音のために苦しい目に遭い、殉教していくことを預言しました(18節)。そして言われたのです。「わたしに従いなさい」(19節)と。

この預言は35年後ぐらいに成就しました。トマスは伝承によるならば、インドに宣教へ行き、そこで殉教したと言われています。ではペテロはどうでしょうか?伝承によるなら、また教会教父たちの著作によるなら、ペテロは紀元67年頃、ローマで殉教したと言われています。

シェンキェーヴィチというポーランドのノーベル文学賞作家が「クオ・ヴァディス」という歴史小説を書きました。その中にこのような内容があります。ペテロはローマのクリスチャン迫害から逃れるために、ローマを離れようとしていました。逃げていく途中でイエス・キリストに出会います。ペテロはイエスに「主よ、どこに行かれますか(クオ・ヴァディス・ドミネ?)」と尋ねました。するとイエスは答えます。「私はおまえが捨てて、離れていった私の羊たちのために、もう一度十字架に架かるためにローマへ死にに行くのだ」と語られたのです。この言葉を聞いたペテロは再びローマに戻り、福音を伝え、投獄され、最後には殉教しました。

「主よ、どこに行かれますか(クオ・ヴァディス・ドミネ?)」と尋ねるペテロ

監獄でのペテロについてはこのような伝承があります。ペテロは太陽の光も差し込まないローマのマメルティーノ地下監獄において9か月間閉じ込められていました。投獄されているされている間、ペテロは身体を垂直に固定されたまま、柱にくくりつけられていました。このような激しい目に遭いながらも、ペテロは看守たちをはじめとする40名あまりの人々に福音を伝え、彼らを回心させた、と伝えられています。

そして、ペテロは逆さ十字架に架かって殉教したと記されています。ペテロは「自分はイエス様と同じ方法で死ぬほど価値のある者ではない」と言って、頭を下にして、逆さ十字架にかかりたいと願い出、そのように殉教したと言われています。

逆さ十字架に架かったペテロ

イエスはペテロが殉教することを預言され、その上で「わたしに従いなさい」と言われたわけですが、年若いヨハネが自分について来るのを見ました(20節)。欠点が多いペテロでしたが、ヨハネはペテロを尊敬し、慕っていたのでしょう。ペテロもヨハネのことがとても気になっていたと思います。ペテロとヨハネは12使徒の中でも中心的な二人でした。弟子の中でお互い気になる存在だったわけです。

ペテロはイエスに思わず聞いてしまいます。「主よ。この人はどうですか」(21節) 今まで(15-17節で)、他の人と比較することから解放されていると思いきや、まだまだ自分と他の人を比較することから完全には解放されていませんでした。

「イエス様、あなたは私が殉教することを預言していますが、また私に従いなさいとおっしゃいますが、この人=ヨハネはどうなりますか?このヨハネも私と同じように殉教しますか? まさか彼は生き延びないですよね? 彼が長生きし、私が早死にするということはないですよね?」というようなことを知りたかったのでしょう。

イエスは答えます。「それがあなたに何のかかわりがありますか。あなたは、わたしに従いなさい」(22節)これはヨハネの福音書の最後を飾っているイエスの命令であり、またペテロに語られた最後の言葉です。ですからとても大切です。イエスはペテロに、「ヨハネがどうなるか、あなたは気にする必要はない。ヨハネには違う計画を私は持っています。あなたの道とは違います。あなたは、ただ、私に従って、私から与えられた使命に忠実に歩めばそれで良い」と言われたのです。

「ヨハネがどうなろうとあなたに何の関わりがありますか。それはヨハネと私(イエス様)との関係であって、あなたには関係がありません。気にしてはいけません。大事なことは、あなたと私の関係です。とにかく、あなたは私に従いなさい」とイエスはペテロに言われました。

ペテロとヨハネは違いました。ペテロは行動の人、大胆な人でした。ヨハネは思索の人、慎重な人でした。神の召しはそれぞれ違います。ペテロは説教、リーダーシップ、大胆なミニストリーの領域で用いられ、最後には殉教しました。一方、ヨハネは、殉教しないで長寿を全うし、神からの特別な啓示が与えられてヨハネの黙示録を書くと言う領域で用いられたのです。

これは私たちの歩みにおいても言えることです。他の人と比較する必要はありません。もちろん協力することは大切です。実際、使徒の働きを見ると、ペテロとヨハネは共に行動して神のみわざをなしています。

しかし、大事なのはイエスが自分自身に与えている使命を全うできるかどうかです。イエスは私たち一人ひとりにもおっしゃいます。「他の人のことはあまり気にしなくていい。ただ、とにかく、あなたは、私に従いなさい」と。

ペテロは「あなたは、私に従いなさい」というイエスの言葉を真剣に受け止めました。そしてイエスに従い、従い抜きました。彼はイエスから自分に与えられている使命を全うしたのです。私たちもイエスの弟子として、イエスに従っていきましょう。

スポンサーリンク


投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words. 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA