習慣を変えれば人生は変わる 創世記 8:6-14(聖書)

6 四十日の終わりになって、ノアは、自分の造った箱舟の窓を開き、7 烏を放った。するとそれは、水が地からかわききるまで、出たり、戻ったりしていた。8 また、彼は水が地の面から引いたかどうかを見るために、鳩を彼のもとから放った。9 鳩は、その足を休める場所が見あたらなかったので、箱舟の彼のもとに帰ってきた。彼は手を差し伸べて鳩を捕らえ、箱舟の自分のところに入れた。10 それからなお七日待って、再び鳩を箱舟から放った。11 鳩は夕方になって、彼のもとに帰ってきた。すると見よ。むしり取ったばかりのオリーブの若葉がそのくちばしにあるではないか。それで、ノアは水が地から引いたのを知った。12 それからなお、七日待って、彼は鳩を放った。鳩はもう彼のところに戻って来なかった。13 ノアの生涯の第六百一年の第一の月の一日になって、水は地上からかわき始めた。ノアが、箱舟のおおいを取り去って、ながめると、見よ、地の面は、かわいていた。14 第二の月の二十七日、地はかわききった。(創世記 8:6-14)

10月1日に山々の頂が現れてから(5節)40日後、ノアは、烏と鳩を箱舟の窓から放ちました(6-12節)。ノアはいつも神のことばに従って行動をしてきました。ノアは、すべて神が命じられたとおりにし、そのように行った(6:22)彼は常に神のことばを待ち望んでいました。しかし、この時は神のことばが明確に聞こえてこなかったので、ノアは何もしないのではなく、自分で祈って考えて、最善と思える行動をとったのです。それで烏と鳩を箱舟から放ち、水が地の面から引いたかどうかを確かめました。ここに待ち望む祈りと信仰の行動のバランスがあるように思います。もちろん祈って神の御心を待ち望むことは大切ですが、特に示されない時は、すでにみことばに神の御心と神のご計画が書かれているので、それに従うことが大事になってくるのではないでしょうか。それは目の前にいる人の必要に応えることであり、また自分が直面している出来事や問題に取り組むことを含むと思います。

このことは、使徒たちが毎日の生活や働きにおいて、神の導きを求めましたが、特別な啓示が示されない時は、もちろん祈りつつではありますが、自分たちで判断して行動したことに似ていると思います。もし使徒たちがいつも神の啓示を待っていただけであったら、啓示がない時は何もしなかったことになり、キリストの福音は広まっていかなかったでしょう。しかし、使徒たちは「使徒の働き」とあるように、彼らは信仰によって行動し働きました。毎日、礼拝し、祈り、イエスの教えを堅く守り、伝道したのです(使徒の働き2章)。

そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった(使徒の働き 2:46,47)。毎日、礼拝を捧げました。ペテロとヨハネは午後三時の祈りの時間に宮に上って行った(使徒の働き 3:1)習慣として宮に行き、神に祈りを捧げました。

そして、毎日、宮や家々で教え、イエスがキリストであることを宣べ伝え続けた(使徒の働き 5:42)。習慣として伝道し、イエスが救い主であることを宣べ伝え続けました。マンネリ化の習慣は良くない面があるかもしれませんが、でも特に導きを感じなくても、習慣化し毎日、毎週、忠実に同じことを繰り返すことは、クリスチャン生活においてとても大事なことだと思います。神は忠実さを喜ばれます。

スティーブン・コヴィー(Stephen Richards Covey, 1932-2012年)

自分がしなければいけないと思っていることを習慣化させることで、人生は好転していきます。スティーブン・コヴィーが書いた『7つの習慣』という本がありますが、とても参考になります。この本が強調しているのは、公的に成功するには、まず私的に成功しなければならないということです。自分自身に約束をし、その約束を守ることの大切さが書かれています。それが習慣です。自己を克服することであり、自制を養うことです。早起きすること、決まった時間に練習する、勉強する、執筆するなど自分自身に対して約束し、それを守ることによって習慣が身に付き、私的に成功し始め、それが公的成功に繋がっていきます。

ノアたちは、箱舟の中に約1年間いました。ノアの生涯の六百年目の第二の月の十七日、その日に、巨大な大いなる水の源が、ことごとく張り裂け、天の水門が開かれた(創世記 7:11)。ノアの生涯の第六百一年の第一の月の一日になって、水は地上からかわき始めた。ノアが、箱舟のおおいを取り去って、ながめると、見よ、地の面は、かわいていた。第二の月の二十七日、地はかわききった(13,14節)。

スポンサーリンク

投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words. 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA