人類最初の殺人事件

カインは自分の捧げものが神に受け入れられないのに、弟アベルの捧げものは受け入れられたことに対して妬んで腹を立て、弟殺しに至りました。これは人類最初の殺人事件です。聖書には以下のように書かれています。

ピーテル・パウル・ルーベンス/『アベルを殺すカイン』

8 しかし、カインはアベルに話しかけた、「野に行こうではないか。」そして、ふたりが野にいたとき、カインは弟アベルに襲いかかり、彼を殺した。9 主はカインに、「あなたの弟アベルは、どこにいるのか」と問われた。カインは答えた。「知りません。私は、自分の弟の番人なのでしょうか。」10 そこで、仰せられた。「あなたは、いったいなんということをしたのか。聞け。あなたの弟の血が、その土地からわたしに叫んでいる。11 今や、あなたはその土地にのろわれている。その土地は口を開いてあなたの手から、あなたの弟の血を受けた。12 それで、あなたがその土地を耕しても、土地はもはや、あなたのためにその力を生じない。あなたは地上をさまよい歩くさすらい人となるのだ。」13 カインは主に申し上げた。「私の咎は、大きすぎて、にないきれません。14 ああ、あなたはきょう私をこの土地から追い出されたので、私はあなたの御顔から隠れ、地上をさまよい歩くさすらい人とならなければなりません。それで、私に出会う者はだれでも、私を殺すでしょう。」15 主は彼に仰せられた。「それだから、だれでもカインを殺す者は、七倍の復讐を受ける。」そこで主は、彼に出会う者が、だれも彼を殺すことのないように、カインに一つのしるしを下さった。16 それで、カインは、主の前から去って、エデンの東、ノデの地に住みついた。(創世記4:8-16)

ギュスターヴ・ドレ/『アベルを殺すカイン』

自分の心の中にある悪い感情を処理しないと破滅の道をたどることになってしまいます。カインは悪い考えを治めることができなかったので、かえって罪に治められ(支配され、征服され)てしまったのです。「野に行こうではないか」(8節)というカインの発言の意図は弟アベルを殺すことにありました。これが発言の動機です。イエスは言われました。しかし、口から出るものは、心から出てきます。それは人を汚します。悪い考え、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、ののしりは心から出て来るからです。これらは、人を汚すものです。しかし、洗わない手で食べることは人を汚しません。(マタイの福音書15:18-20)

私たちは常に自分の心を見張っていなければなりません。なぜなら、罪は放っておくと、成長し、繁殖するからです。力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。(箴言4:23) 怒りをおそくする者は勇士にまさり、自分の心を治める者は町を攻め取る者にまさる。(箴言16:32)

アベルを失ったアダムとエバの悲しみはいかばかりであったでしょうか。彼らは動物の死を見たことはありましたが、人の死を見たのは初めてでした。まして、それが自分の子であろうとは。しかも、アベルを殺した犯人が、自分たちが産んだカインだったのです。兄弟姉妹の関係で競争心や嫉妬によって苦しんだ経験があると、その葛藤が兄弟姉妹以外の関係にも投影され、周囲の人間に対して憎悪の感情を抱くことがあるといいます。そのような心的葛藤を精神分析家のG・ユングは、創世記のカインとアベルの記事を基に、「カインコンプレックス」と呼びました。

ウィリアム・ブレイク/『アダムとエバによって発見されたアベルの死体』

アダムとエバが罪を犯した後、神は「あなたはどこにいるのか」(創世記3:9)と彼らに声をかけられました。ここで神はカインに「あなたの弟アベルは、どこにいるのか」(9節)と声をかけています。神はカインに罪を指摘して、悔い改めを求めました。しかし、カインは「私はここにいます。私がアベルを殺してしまいました。本当に自分は何という愚かなことをしてしまったのでしょうか。お赦しください」とは言わず、「知りません。私は、弟の番人なのでしょうか」(9節)と答えました。「弟のアベルは羊の番人でしたが、私は弟の番人ではありません」というような皮肉があったのかもしれません。これはアダムとエバにも見られたものでした。アダムとエバは自分たちの罪を認めず、それぞれ責任転嫁をしました。アダムはエバのせいにして、エバは蛇(悪魔)のせいにしたのです(創世記3:12-13)。これと同じようなことをカインはしました。まさにアダムから受け継がれている原罪であり、罪の遺伝性です。

ウィリアム・アドルフ・ブグロー/『アベルの死に対する嘆き』

自分の罪を認め、悔い改めないなら、それはカインの道を歩んでいることになります。カインのようであってはいけません。彼は悪い者から出た者で、兄弟を殺しました。なぜ兄弟を殺したのでしょう。自分の行いは悪く、兄弟の行いは正しかったからです。(ヨハネの手紙第一 3:12)

一方、アベルの血は、イエス・キリストが十字架で流される血の予表となりました。キリストの血は、罪人の罪を赦し、神に近づく道を開きます。私たちは自分の罪を認め、告白することによって、救いと赦しを受け取ることができます。

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カインとアベル DVD-BOX2 [ ソ・ジソブ ]
価格:4819円(税込、送料無料) (2021/9/30時点)




投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words. 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA