バラバ 運命に翻弄される人生

そこで、ピラトは彼らのためにバラバを釈放し、イエスをむち打ってから、十字架につけるために引き渡した。(新改訳聖書 マタイの福音書27章26節)

2004年にカトリック信者でもある俳優メル・ギブソンが映画監督として「パッション」(意味は「キリストの受難」)をつくり、アメリカで大ヒットしました。イエス・キリストが処刑されるまでの12時間に焦点を絞り、イエスの受難と磔刑を描いています。メル・ギブソンは続編を作ろうとしているようです。

さて死刑の宣告を受けていたバラバですが、彼はイエスの代わりに釈放されました。そのバラバに焦点を当て、バラバの運命を主題にしているのが、小説「バラバ」(1950年出版)です。書いたのは、現代スウェーデン文学の巨匠ペール・ラーゲルクヴィスト(1891-1974)です。彼は1951年にノーベル文学賞を受賞しています。

物語は大きく三部に分かれています。バラバは運命に翻弄されますが、彼の人生のターニングポイントになったのは、イエスの十字架に深く関わったことでした。小説ではその後のことが描かれています。

第一部はゴルゴタの丘でイエスの代わりに釈放されてから彼が山賊生活に戻るまで。バラバはイエスの弟子たちの話を耳にします。彼は自分の代わりに死んだイエスについて考えはじめます。あくまで小説ですから、すべて聖書には出てこない作者の想像上の記述ですが、とても興味深いものがあります。そして、昔の仲間の元へ戻るのですが、彼は変わってしまっていました。自分の代わりに死んだイエスという人のおかげで、自分は生きていることを実感していたのです。自分たちのあんなに悪かった親分が何だか変わってしまったことに仲間たちは違和感を覚えます。バラバ自身も居心地の悪さを感じます。もう彼はイエスによって何かが変わり始めていたのです。

第二部は昔の仲間と別れ、彼がローマ人の鉱山奴隷として生き地獄にあえぎながら、地下牢で奴隷サハクと友になるまで。バラバは最初自分のことを話しませんでしたが、サハクにいろいろ質問されると自分の身に起こったこと、自分の秘密を打ち明けます。すると、サハクも実は自分がキリスト者であることをバラバに告げます。長い年月が流れた後、ローマの監視人から聞かれることになります。お前たちは誰の奴隷かと。サハクは答えます。「私は神の奴隷。イエスのしもべです」と。ローマの兵士からカエサル(皇帝)の奴隷であることを認め、イエスを信じることをやめ、棄教するようにと言われます。そうしないと、いのちを失うことになると。しかし、サハクはイエスを信じる信仰を捨てませんでした。彼はイエスと同じように磔刑にされます。またもやバラバは磔刑にされた人の側にいることになったのです。

第三部は今まで死を免れてきたバラバが、キリスト教徒の迫害に巻き込まれて磔刑にされるまで。ローマではキリスト教が迫害されていました。そのような時にローマ大火が起き、キリスト者の仕業であるということにされ、バラバも捕らえられてしまいます。クリスチャンたちはそれでも主を賛美し続けます。皆はイエスを否定することはありませんでした。バラバは肯定も否定もせずに曖昧な態度を取ります。

ついにバラバの正体がばれてしまいます。皆は自分たちの救い主の代わりに釈放されたバラバが今自分たちの目の前にいることにとても仰天しましたが、イエスの使徒は落ち着くように諭します。キリスト者たちは磔刑にされました。バラバもその中の一人として磔刑にされたのです。作者が描いたのは、運命に翻弄されたバラバという一人の人の魂の遍歴です。信仰と迷いがテーマではないでしょうか。

聖書にこのように書かれています。神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。(新改訳聖書 コリント人への手紙第二 5章21節)

バラバと言えば、「ミッションバラバ」という働きがあります。元やくざの人たちが今はクリスチャンとなって、自分たちを救い出してくださったイエスのことを伝えています。実話を元に「親分はイエス様」という映画にもなりました。

バラバはイエスのおかげで磔刑を逃れましたが、最後には磔刑にされました。私たちの身代わりにイエスが十字架に架かってくださいましたが、これから私たちはどのように歩むのかが問いかけられていると思います。決断は私たちに委ねられています。

スポンサーリンク




投稿者:canaan

首都圏で10年間牧師をしていましたが、現在は地方のキリスト教会で牧師をしています。旅行会社と農場の経営もしています。私自身が様々なことばで力づけられてきたので、希望に満ちたことばをお伝えしたいと願っています。I used to be a pastor in the metropolitan area for 10 years, but now I am a pastor at a local Christian church. Also I run a travel company and farm. I myself have been empowered by various words, so I would like to convey the hopeful words.